アルコール消毒液がないなら

公開日: 


お酒でつくるべし

コロナ感染のご時世になっております。

アルコール消毒液がどのドラッグストアでもなくなりました。

通販では約5,000円 / 500ml が相場のようです。「お高い!!

面倒な方法ではありますが、お酒からつくることにしました。

小学校の理科で習った、蒸留という方法で抽出します。

注意

この方法は営利目的で行うと罰せられる可能性がありますので、

純粋に個人として使用することに留めましょう。

この作る方法は消毒液の商品としてではなくなりますので、

1.厳密な濃度に作れません。

(引火させてどのくらい水が残るかの量の比(パーセンテージ)で計算し目安を確認します。)

2.IP(イソプロパノール等)添加物がないので、うがい薬とか1滴入れて、適当に飲めないものとして使います。

(燃料用エタノールを消毒で代用したり、ガソリン添加剤など添加して入れている方がいますが、メタノールが入っている場合があります。メタノールは猛毒ですので大変危険です。下手すると失明します!!)

3.引火しやすいので、火気に注意してください!!


使うもの

・酒(果実酒(ホワイトリカー)など余分なものが入っていないものが望ましい)

・マイ蒸留装置(自作する←これが面倒かも)

・氷水(冷却部で使う)

蒸発部

適当な鍋と空き缶(密閉型)で、蓋に水槽のエアーホース(シリコン製)を突っ込み、冷却部につなぎます。

突沸を可能な限り防ぐため、湯せんして酒を気化させます。


冷却部

銅は熱伝導率が良いので、

なまし銅管などでぐるぐる巻きにして、

冷却器を作成しました。

下部出口で液化したアルコール(エタノール)が出てきますので、

適当にエアーホースのチューブでボトルに誘導します。

ピークタイム部分を可能な限り抽出する

水の沸点が100℃、エタノールが80℃ですので、

先にエタノールがラッシュアワーのように次々とドボドボ出てきます

ここの部分のみ取るようにしましょう。

この後は水などが来るだけで薄まってしまいます。


終わったらガス or IHは消さないで

蒸発部にある蓋のついたエアーホースを先に抜きます。

でないと、温度が下がると同時に冷却部から逆流が起こり、

空き缶がぺちゃんこになってしまいます。

(空き缶いらなければ話は別ですが)

これで応急消毒液完成!

約2L(35%)の酒で400mLほどの消毒液が完成します。

冷却器など初期投資で大差なくなってしまうかもしれませんが、

暇つぶしとして、また、今後続くかもしれませんので。

検討してみてはいかがでしょうか?

  • サイト内検索

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ