WordPressのテーマ「Gush」より子テーマの設定

公開日:  最終更新日:2018/09/02


用意するもの

基本は下記一式です。

後からPHPもゴリゴリ変えたいぜ!!!という方はこちらのディレクトリ内で親のものを上書きする形にすると、

親はそのままで、子供はまるっと変えられ安全です。

  • gush_chiid [ディレクトリ] (こちら自由に名前変えれます)
  • functions.php
  • style.css

配置場所

場所は下記配下で配置します。

wordpress > wp-content > theme

┬ gush(親)

└ gush_child(子)


functions.php

こちら親から呼んで子供を上書きする処理を追加します。

※余計な処理を入れると止まってしまいますので、余計なものは入れない方が身のためです。((((;゚Д゚))))


  <?php
  add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
  function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
    wp_enqueue_style( 'child-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css', array('parent-style'));
  }
  ?>
  

 

style.css

こちら上書きしたいスタイルを指定します。

作成した子テーマのディレクトリ名と合わせます。合わせないと認識してもらえません!!

空にしても何もしないので、最初はそのままでもかまいません。

後でデザイン変えたいとなったら、こちらで定義すれば即反映されます。

ちなみに、WordPressの 外観 > テーマの編集 でいじれます。


  @charset "utf-8";
  
  /*
  Template:gush
  Theme Name:gush_child
  Description:gushの子テーマです
  Author:Kuratch
  Version:1.0
  */
  
  /* ↓こちらからスタイルをキメていきます☆↓ */
  

 

詳細はWikiにありました。

クセのあるテーマなどはこちらも参考にしてみてはいかがでしょうか

子テーマ

 

おしまい