スマホでVPN接続してみた

公開日: 

最近OCNのアプリが自動で無料Wi-Fiにつないでいるのに気づいたので、

気軽にVPNつなげられないかなーと思い、

試してみることにしました。

(VPNとは何ぞ?という方はググってー)


無料?いいねー!だけ考えている方、足元すくわれますよ

ネットサーフィン程度なら気にせずつなげれますが、

重要な手続き系(ネットショッピング、ネットバンキングなど)は

盗聴される可能性があるので、VPNに接続する必要があります。

接続の種類

スマホでは主に2種類用意されています。

  • L2TP/IPsec
  • OpenVPN

L2TP/IPsec は接続失敗しやすく、

速度が遅い場合がよくあるので、

今回は安定しているオープンソースの OpenVPN で試してみることにしました。


接続するときは信頼情報を調べてから

最近は、無料のVPNサービスが多くありますが、

中には盗んで悪徳業者に売っているVPNサービスも一部あるようです。

聞いたことがないVPNサービスを使う際は、

接続する前に、信頼できるか調べた方が良いと思います。

どうしても、不安な場合は有名なVPNサービスが提供しているもので良いと思います。

VPNのデメリットは通信速度が遅くなる

VPN接続は、従来の通信より処理時間をかけて暗号化しているので、

どうしても遅くなります。

通信速度の速いVPNサービスもあると思いますので、

もっさりが嫌な方は、高速のVPNサービスを利用すると良いと思います。


VPNの設定方法

今回は Android 端末で OpenVPN をつないでみました。

利用したVPNサービスは世界中でボランティア提供されている

筑波大学のVPNサービスです。

VPN Gate 学術実験サービス

最近のVPNアプリは、全て自動でVPN接続設定するので、

つなげてはい終わり!が多いらしいのですが、

今回は、中継サーバを自由に選べる手動の方法となります。

OpenVPNダウンロード

Play ストアよりOpenVPNをダウンロードします。

OpenVPN Connect – Fast & Safe SSL VPN Client

※上記リンククリックでPlay ストアに遷移します。


プロファイル設定

先ほどの筑波大学のVPNサービスより

OpenVPN設定ファイルをダウンロードし、

OpenVPNを起動して、 「OVPN Profile」をタップし、

設定ファイル(拡張子.ovpn)をインポートします。

( ※ストレージのアクセスを許可してください。)

設定ファイルは特別な接続方法が特にない場合、

DDNS ホスト名が埋め込まれている .ovpn ファイル(TCP)

で良いと思います。(何でも良いです)

このVPNサービスはあくまで研究のために使用していますので、

使用後は負担をかけないために切断しましょう。

使用感としては少し遅めでしたが、何もしないでつなぐよりも、

はるかに安全だと思います。