鼻うがいの洗浄液は

公開日: 


つくれます

鼻うがいは、口でするうがいのように、

水を鼻の中に入れて、埃や細菌、ウイルス、花粉などを洗い流す方法です。

副鼻腔炎対策、花粉症対策などに有効です。

間違った方法で鼻うがいを行うと、

中耳炎などを招く場合もあるので、注意が必要です。

上咽頭炎、感染症予防にも有効

カゼや花粉症などなんらかの原因で粘膜が腫れて、入り口が狭くなったり繊毛の働きが弱くなったりすると、菌が増殖して炎症が起こり膿がたまってしまうのです。

最も簡単なセルフケアは、鼻水がたまったらこまめに鼻をかむこと

しかし、それだけでは細菌やウイルス、膿などを出しきるのは難しいものです。そこでおすすめしたいのが鼻うがいなのです

きたにし耳鼻咽喉科院長の北西剛先生のコメントより抜粋

外出先から帰ってきたときに

ドラッグストアなどで専用の鼻うがい液が販売されていますが、

後から鼻がスースー(メントール入ってるから)し、

これが嫌な方もいるのではないでしょうか?

添加物一切不使用で、食品に使われている材料のみでできちゃうんです。

用意するもの

・鼻洗浄器(先端にイヤホンパッドつけたドレッシング容器でも可)

・沸騰して冷ました水(塩素抜いた水なので、精製水でも可)

・塩

・重曹(ベーキングパウダー)→鼻がすっきりしない方向けなので、無くても可

・洗浄液の容器(500mL空ペットボトルが手軽)


一連の方法

①洗浄液の容器に塩(5g)入れ、沸騰して冷ました水(500mL)で溶かす。

(重曹を入れる場合は上記に2.5g追加)

②洗面台に顔を突き出して、あごを引き、鼻洗浄器を鼻の穴に当てる。

(顔を上に向けて行うと、のどに入ってむせたり、耳に入ってしまうので下向く)

③「あー」っと声を出しながら鼻洗浄器を押し、鼻腔内に洗浄液を出す。

(無理吸い込むと中耳炎になりやすいので、少し出る量で充分)

(出た液は無理に飲み込まないでとにかく出す)

④片方も同様に行い、終わったら軽くうがいしてティッシュで水気をとる。

(1日1回で十分なので、夢中になってやりすぎ注意)

  • サイト内検索

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ